セタガヤCD買取センター

SETAGAYA CD CENTER

メニュー

【だから損する!】クラシックCDは買取専門店に買取を依頼すべき理由【3つのポイント】

こんにちは、クラシック専門査定士のOです。

現在、月間平均で約30000枚のクラシックCDとLPの査定をさせていただいてます。
そこで得た知識を生かし、ネット上にあまり出回っていないクラシックCDとLPに関する有益な情報をコラムを通じて発信していきたいと思います。

さて、先日に下記の質問をいただきました。

いただいた質問がこちら

Oさんに質問です。
現在、終活中で長年コツコツと集めたクラシックのCDとLPの売却を検討しています。
ネットで検索したところ色々な買取業者のページがあり正直どこも似たり寄ったりで
どこに依頼すれば良いかわかりません。せっかく集めたコレクションです。個人的な思い入れもありますし、せっかくでしたらしっかりと価値の分かる方に査定をしていただいて、お好きな方の元へ届けてほしいです。買取業者を選ぶコツなどありますか?
ご教授ください。よろしくお願い致します。

上記に回答します。
後半では買取業者を選ぶ際の3つのポイントもまとめます。

クラシックCDとLPの買取はクラシック専門店、一択です。

結論はクラシック専門店、一択です。

理由 :査定には専門的知識が必須

クラシックは他の音楽ジャンルと比べるとかなり特殊です。
音楽としての歴史が非常に長く、奥が深いジャンルであり、一般的なロック・ポップス、JAZZ、歌謡曲などとは完全に別の専門的知識が査定には必須になってきます。
日本には大量のクラシックCDとLPが出回っています。そのため、人気や希少性も作品ごとによって分かれる傾向にあり、中古市場では需要が低く極端にお安くなるものも沢山あるのも事実です。しかしながら、希少性が高い作品は依然として高値で取引されており、なかには数十万円の価値がついているものも存在しています。

買取を依頼する際は、専門店を選ぶのが大切。

じゃあ、どうやって選べばいいのか。簡単です。
3つのポイントにまとめます。

ポイント ①:クラシック専門の査定士が在籍しているか

まずは、専門の査定士がいるのか確認してみましょう。ホームページ上ではクラシックのCDもしくはLPの買取に力を入れていると謳っていても、ほとんどの場合クラシック専門の査定士が在籍していないお店がほとんどです。それだけクラシックというのは特殊なジャンルであり専門の査定士の希少性は高いです。

実際にお店に電話して問い合わせてみて下さい。これだけでかなりお店が絞れるはずです。

ポイント ②:実店舗は存在するか

実店舗が存在しないお店すべてが信用できないということではないですが、やはり実店舗が存在して実際に自分の目でお店の雰囲気や査定士の方を確認できるお店を選ぶのがベターといえます。

せっかく集めた大切なコレクション。しっかりと査定をしていただきたいですよね。

ポイント ③:出張買取に対応しているか

出張買取に対応しているか。これも買取を依頼するお店を選ぶ際に注目すべき大切なポイントです。せっかく集めた大切なコレクション、自分の目の前でしっかりとプロの査定士に査定してほしいですよね。もちろん量が多すぎるなど物理的な問題でその場での査定が難しい場合もあります。しかし、その場で査定は難しくても箱詰めから運び出しまで行ってくれる、しっかりとしたお店を選びましょう。

※出張買取を依頼した当日、買取金額に納得がいかずにキャンセルを申し出た場合、キャンセル代と出張費を請求してくる悪質なお店もあるようです。そのようなお店の被害に遭わぬよう十分注意しましょう。

せっかく集めた大切なコレクション。しっかりと査定をしてもらいましょう

というわけで、これがラストです。
やはり、せっかく集めた大切なコレクション。しっかりと査定をしていただきたいですよね。そのためには上記で述べたポイントを参考にしてお店を選んでみてください。

もちろん、私をご指名いただいて弊社に買取をご依頼いただくことも可能です。その際はしっかりとご査定させていただきます。

それではまた。