プロが伝授する CD買取サービスの極意と安心できるお店の見極め方

遺品整理や引っ越しの荷物を整理するとき、友人や家族のCDを整理したいと考えたときにどのようにすればよいか分からないという方は多いと思います。

誰も聴かないCDを置いておくのは意味がないですし、CDは思ったよりも場所を取るので量が多くなればなるほど保管が大変になるので「なんとかしたい」と考える方でこのページにたどり着いた方もいることでしょう。

調べるとCDを買い取っているお店は全国にたくさんあります。ただ、せっかく不要なCDを整理するなら少しでも高い値段で、かつ楽な方法で売りたいと思いますよね。

それなのにインターネット上ではオススメとされているお店がありすぎたり、近所のお店では安い値段にしかならないかもしれない。どこで、どのように売ればCDを高い値段に替えれるのかを知るのはなかなか難しいことです。

そこで今回はCD買取専門店を運営しているCDのプロの視点からCDを高く売るための方法やCD買取サービスを選ぶための見極め方をお伝えしたいと思います。
CDを売りたい、整理したいと考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

CDは高値で売れる 高額で買い取ってもらえる

CDを売るといっても、そもそも誰しもが持っている物に需要なんてあるのかと考えるお客様もいることでしょう。まずはCDの需要について考えていきたいと思います。

CDは1980年代頃から普及し今では誰しもが見たことがある一般的な音楽メディアとなっています。
最近でこそサブスクリプションによる音楽配信がメインにはなっていますが日本ではまだまだCDの販売枚数も重視され、新品中古限らず多くのCDが常に売買されています。

CDでしか聞けない曲がある

中古市場で価格が高騰するCDにはいくつかの特徴があります。
まずひとつはそのCDでしか聴く手段がない曲があるという点です。

比較的古い時代でそこまで大量生産されていない上で、サブスクリプションサービスなどでの配信が行われていない曲が収録されているCDは、ファンの需要によって中古価格が高くなる傾向にあります。

とにかく需要と希少価値が大事

上記のようなCDでしか聞けない曲でなくとも、製造数が少なかったり、限定盤であったり、特別な付属品が付いていたりすることで希少価値が高まれば価格が高騰することがあります。
他にも旧規格と呼ばれるような特定の年数に製造された廃盤CDなど、プレミアがついているCDは多数あります。
もちろんただ珍しいだけではなく、人気があるアーティストであったり需要がないことにはいけません。

CDの中古価値はとにもかくにも需要が大切なのです。

CDを高価買取してもらうためには

ここまでお伝えしたようにCDには希少価値が高く中古価格が高騰している物も多くあります。

ただ、それをいかにして正しく査定してもらうか。

そしていかに高額で買い取ってもらうか。

CDを少しでも高く買取してもらうにはどんなポイントがあるのか。ここでは3つのポイントを紹介していきます。

ポイント① CD買取専門店で売ること

CDを買い取ってもらうのは専門的に扱っている買取専門店で売ることが良いでしょう。

状態や種類、流通数といったものを基準に価格が設定されるCDを正しく査定するには深い知識が必要だからです。

さらに買取専門店であれば、自分の店で販売していないので在庫量や自身の店の売上状況などに左右されず、各国の相場に応じて最大の買取額をつけることが理論上可能なのです。

CD買取専門店以外にも、各地のCDショップや古本屋、大手チェーンなどでCD買取を行っている店は多くあります。
ただそのすべての店でCDに関する知識を深く持った上で買取が行われているかと言えば、そうではありません。

一方でCD買取専門店であれば知識も十分にあるため、正しい値段で買取することが可能です。

ポイント② 売りたいCDの買取価格相場を確認しておく

とは言え、自分自身で売りたいCDの相場感を知っておくことも大切です。
自分で分かってないということは、CDを安く売ってしまっても気づかないということになります。

損をしてしまうケースはCDの相場価格を予め参照しておくことで防ぐことが出来ます。
査定額が的確がどうか自分で判断することが出来れば、買取を頼んだあとでもキャンセルして別の店に持っていくなどの方法を取れます。

自分で相場を調べる方法として一番ベターなのはヤフオクなどで落札相場を調べることです。

ここで注意するべき点としてamazonでの価格を参考にすると間違っている場合が多々あります。
理由としてamazonは出品者が自由に価格を設定出来るので、場合によっては相場以上の価格をつけているケースもあるのです。

リアルタイムの相場感を確認するならヤフオクやebayなどオークションサイトの価格を見ることが一番でしょう。

ポイント③ 査定依頼をして実際に比較する

CD買取相場はあくまで大凡の目安で相場は毎日変わっています。
タイミングによって価格が変わり、実際の金額がどれくらいなのかは査定するまで明確にできません。またCDの価格は状態によっても大きく上下するので、きちんとした価格は実物を見てからではないと判断できません。

このような買取事情があるため、査定をお願いして実際の買取価格でお店を比較することが大切になります。

一番高い値段で売りたいと思ったら一番高く買ってくれる店を探すしかありません。

そしてより高額買取を行なっているお店を探すには、相場を候補店を絞り込むための参考程度に捉え、査定金額をもとに比較をすると損をせず、より高額なCD買取ができます。

プロ視点からCD買取時にした方が良いこと・注意点

更に、より高くCDを買い取ってもらうためにはやっておくべき点がいくつかあります。

帯や歌詞カードなどの付属品を揃える

より高い買取額を目指すには商品自体の価値を高い状態で保つことが大切です。
商品の価値を高く保つには、発売時に付属していた物が揃えることが不可欠となります。

商品によっては付属品自体に付加価値がつき、時には付属品だけで取引されることもあるほど希少価値を語る上で付属品は欠かせません。

また付属品自体の状態も新品状態と変わらない綺麗な状態を保つように心がけましょう。

稀に購入時のプラスチックケースを捨ててしまい、薄いビニールケースに入れ替えて保管する方もいますが、これもご法度です。
ケースが無くなった時点で中古価値が非常に下がってしまうので気をつけましょう。

なるべく早めに売る

CDの取引においても在庫管理はとても難しく、更にCDというメディアは永遠ではありません。
時間と共に劣化していくため、価値を保つことも非常に難しいと言えます。

状態を新品に戻すことはもちろん不可能なので、売ろうかなと思ったときにすぐ売ることで、商品や付属品を可能な限り最良な状態で取引することが出来ると言えるでしょう。

宅配時の梱包を厳重に行う

CDはプラスチックや紙のケースに入っていることが多く、そのまま落としてしまうと割れたり傷が付いてしまいます。
またディスク自体も非常に繊細で、少しの傷がついただけで再生できなくなってしまうこともあります。

なので宅配での買取を行う際には厳重に梱包することも大切です。

とは言え、日々数万枚以上のCDを取引している当店でも配送時にCDが傷ついたという事例はほとんど聞いたことがありません。

稀に起こってしまう場合の多くは、輸送時に箱の中で動いてしまって商品がぶつかり傷ついてしまったという事例です。

なので段ボールの外側を強化するというわけではなく、段ボールの中で動かないように緩衝材などを詰めることが一番重要と言えるでしょう。

まとめ

CDの買取は何度も経験するものではなく、一度きりになる人も多いでしょう。
なので少しでも買い取ってもらいたい、間違った選択をしたくないと考える人も多いと思います。

そういった方向けに今回はプロの視点からオススメする「CDを高く売るための極意」を解説しました。

CDを買取に出すには知識が必要です。

とはいえ難しく考える必要はなく、CDを綺麗に保管した上で買取価格を比較すれば問題ありません。

また、困ったときは当店へご相談頂ければ、全国的な相場や買取方法のご相談なども承っています。

まずはご自身がお持ちのCDがどんな物なのかを確認し、ぜひ一度ご相談頂けますと幸いです。
セタガヤCD買取センターではどんなCDでも最新の中古相場の価格を踏まえた「最高額」での買取をお約束しております。
ぜひお気軽にご相談ください

CDを売りたいとお考えの方はこちらからお申し込みください
セタガヤCD申し込みフォーム