CDを処分する3つの方法&メリット・デメリットを徹底比較【買取専門店が解説】

自宅や実家の掃除をしていて古いCDが出てきた際、意外と悩ましいのがCDの処分方法ではないでしょうか。

CDといっても市販の音楽が収録されているもの以外にも、記録媒体として仕事関係のデータや家族・友人との思い出を記録したものもあり、処分方法を間違えてしまうと個人情報が漏洩してしまう恐れもあるため、CDは内容に応じて適切な方法で捨てることが大切です。

なお、CDを処分する方法は主に3つあるので、今回はその3つの方法と、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

また、記事の後半では最もおすすめな「CDを買取業者に売る方法」についてより詳しく解説しているので、CDの処分方法に迷っている方はぜひ最後までチェックしてみてください。

目次

CDを処分するための3つの方法

CDを処分する方法は、大きく分けて以下の3つの方法があります。

①自治体のルールに沿って廃棄処分する
②不用品回収業者を利用して廃棄処分する
③ごみとして廃棄処分せずに売却する

どの方法で処分すればよいか迷った際は、まず以下の3つを確認してみましょう。

●処分したいCDの枚数
●処分したいCDは商品として市販されていた音楽CDかどうか
●処分したいCDが記録用のCD-Rの場合、データを書き込み済みか、未使用の新品か。

記録用のCD-Rで使用済みの場合、基本的にはゴミとして処分もしくはリサイクルするほかありません。
しかし、処分したいCDが未使用のCD-Rや市販の音楽CDだった場合は、廃棄処分やリサイクルではなく売却処分することで、収入を得られる可能性があります。

特に、音楽CDの場合は1枚で何万円にもなるものもあるかもしれませんので、捨てるのではなく売るのがおすすめです。

CDは内容によって適した処分方法が異なるので、よりよい方法を選ぶと効率よくCDを処分することができます。

処分方法①自治体のごみの回収処分でCDを廃棄処分する

まず、最も手軽ですぐできる方法として挙げられるのが自治体のゴミ回収でCDを回収してもらう方法です。
ここでは、自治体のゴミ回収でCDを処分する際のポイントと、メリットデメリットを解説します。

お住まいの地域でCDが「可燃ごみ」と「不燃ごみ」のどちらに該当するのか確認

地域によってごみの処理方法が異なるので、まずは住んでいる地域でCDが「可燃ごみ」と「不燃ごみ」のどちらに該当するのか、自治体のホームページ等で確認しましょう。

以下ではCDがどのゴミに分類されるか参考にまとめています。
可燃ごみに分別される地域が多い傾向にありますが、地域によって様々なので、まずはご自分で一度調べてみてください。

・東京都世田谷区:可燃ごみ
・東京都町田市:不燃ごみ
・横浜市:燃やすごみ
仙台市:家庭ごみ
・名古屋市:可燃ごみ
・大阪市:普通ごみ
・福岡市:燃えるごみ

住んでいる地域でCDディスクとケースの分別方法を確認する

いざCDを処分するとなると、ディスクとケースを分別しなければならないのではと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かにディスクはプラスチックでできているのに対し、ケースはプラスチックの他にも不織布や紙などさまざまな素材が使われています。

そのため分別が必要にも思えますが、ほとんどの自治体ではディスクもケースも同類のゴミとして処分することができるようです。

ただし、中にはディスクとケースを別々にして捨てなければいけない地域もあるので、自治体のホームページをしっかりチェックしておきましょう。

自治体のゴミ回収でCDを廃棄処分するメリット・デメリット

まず、自治体のゴミ回収でCDを廃棄処分するメリットとして挙げられるのが、処分費用があまりかからないことです。

自治体にもよりますが、可燃ゴミや不燃ゴミとして捨てられるのであれば、基本的に費用が発生することがありませんので、低コストでCDを処分したい方にはぴったりの方法です。

一方で、処分したいCDの量が多いとゴミ捨て場に持っていくのが大変ですし、分別が必要な場合は手間もかかってしまいます。

さらに、記録用CD-Rの場合そのまま処分すると情報漏洩のリスクがあります。
情報が漏洩しないためには正しい捨て方があるので後ほど紹介します。

処分方法②:不用品回収業者を利用して処分する

処分したいCDが少量であればごみとして簡単に処分できますが、段ボール数箱分の量を自分で処分するとなると手間がかかりますよね。

処分したいCDが大量にある時は「不用品回収業者」を利用してCDを処分する方法がありますが、不用品回収業者を利用する際に一番気になるのが費用だと思います。

利用する際の費用は業者によってさまざまで、CD1枚あたりいくらか決まっている業者もあれば、CDの枚数ごとではなく箱ごとに料金を設定している業者もあります。

ただし、CDを産業廃棄物として処分した後に、プラスチック材料としてリサイクルしている業者の場合は、CDの送料のみを負担すれば無料で処分してくれます。

不用品回収会社を利用する際は、複数の業者に見積もりを出してもらい、一番安い費用でCDを処分してくれる業者を選びましょう。

不用品回収業者を利用してCDを処分するメリット・デメリット

不用品回収業者を利用してCDを処分するメリットとしては、まず手間がかからないことが挙げられます。

自宅までCDを取りにきてくれるので、自分で運搬する必要がなく、運び出し等も全て不用品回収業者がおこなってくれます。

また、不用品回収業者の場合、CDが大量にあってもまとめて引き取ってもらうことができるので、CDの処分を一気に進めることができます。

対してデメリットとして挙げられるのが費用です。
不用品回収業者にもよりますが費用が高くなってしまうことが多く、枚数が多ければ多いほど費用がかかってしまいます。

処分方法③:ゴミとして処分せずに売却する

3つ目の方法はゴミとして処分するのではなく、売る方法です。

CDを集めているコレクターの中には、価値のある中古CDを集めている方もいますし、コレクターでなくても安くCDを手に入れたいと考えている方もおり、一定の需要があるので売ることができるのです。

売却処分する方法としては

①フリマアプリ、ネットオークション等を利用して売却処分する。
②リサイクルショップに売却して処分する。
③CD買取専門店に売却して処分する。

という3つの方法が選択肢に挙げられます。

フリマアプリやネットオークションで売却して処分する方法とメリット・デメリット

まずあげられるのが、フリマアプリやネットオークションで売る方法です。

フリマアプリの場合は、売りたいCDの写真をフリマアプリにアップロードして、買い手が見つかったら発送し、相手に品物が届いたあと売上が入金されるというのが一般的な流れです。

ネットオークションの場合は、オークションサイトに売りたいCDの写真を出品して、希望落札価格を設定し、落札したら落札者と連絡をとって発送方法や支払い方法を決め、CDを発送します。

どちらも自分で価格を設定できるので、売りたい値段で売ることができるというメリットがあります。

ただ、一方でデメリットも多いです。

まず1つ目のデメリットが、発送作業が非常に面倒だという点です。
CDはケースがプラスチック製のものが多いのも影響して、適当に梱包すると破損する可能性があります。
専用の段ボールや緩衝材などを使用して梱包すれば、輸送中の破損リスクを回避できますが、初めてフリマアプリやネットオークションを利用する場合は持っていない方も多いかと思います。

専用の梱包資材を用意するのも大変ですし、梱包が上手くできずにCDが破損してしまうと即クレームに繋がる恐れもあります。

2つ目のデメリットは、CDの価値を売る側がきちんと理解して説明しなければならない点です。
CDはプレスの時期や帯などの付属品の違い、製造国などによって価値が全く変わってきます。これらをちゃんと分かる形で掲示して説明できないと、買い手も価格が適正なのか判断できません。

そのため、出品の際に、ただジャケットの写真を撮るだけではなく、CD盤やジャケットの一部分をしっかり写真に収めたり、ディティールの違いをコメントを添えて正確に伝える必要があります。

このような作業は、知識がある人でないとなかなか難しいというのが実情です。

3つ目のデメリットは、買い手がみつかるまで時間がかかる点です。
フリマアプリやネットオークションにCDを出品したからといって、すぐに買い手が付くわけではありません。

需要がなかったり価格が高すぎたりするとなかなか買い手が付かず、ずっとCDが手元に残ってしまう状態になります。

リサイクルショップに売却して処分する方法とメリット・デメリット

次にあげられるのが、リサイクルショップに持っていって売る方法です。
服やおもちゃなど家にある不用品を売るときは、リサイクルショップへ出向いて売却処分する方も多くいらっしゃると思います。
リサイクルショップの中には全国チェーンのお店なども多く、家の近くに大型リサイクルショップがある方も少なくないのではないでしょうか。

リサイクルショップではCDの買取をおこなっていることがほとんどで、お店にCDを持ち込めば売却処分が可能です。
特に、自宅の近くにリサイクルショップがある場合は最も手軽にCDを処分することができます。

一方で、CDに関する知識のあるスタッフに査定をしてもらえない点がデメリットとして挙げられます。

先ほどご説明したように、CDの価値を決める要素としては様々なポイントがあり、どこか一つでも見落とすと価値を大きく見誤る可能性があります。

一般的なリサイクルショップでは、ブランド物や時計、家電製品などに詳しいスタッフが在籍していることはあるようですが、CDに関していえば一般的なマニュアルが出回っていないため、どうしても知識が浅くなってしまい、適正な価格をつけることは難しいです。

せっかくCDを売却処分しようと店頭に持ち込んでも、正しい価格で買取してもらえないと価値のあるCDでも安い価格で買取られてしまい、とてももったいないです。

CD買取専門業者に売却して処分する方法とメリット・デメリット

最後に挙げられるのが、CDの買取を専門におこなっている業者に売る方法です。

リサイクルショップとは違い、CD買取専門業者では販売チャネルを特定の店舗のみに限定しないため、世界各地のその時々での最高値に合わせて買取が可能というシステムになっています。

セタガヤCD買取センターでも、もちろんそのようなシステムになっており、専門の査定担当による買取査定がしっかりとおこなわれています。

CD買取専門業者に売るメリットとしては、まず適正な価格でCDを売ることができる点が挙げられます。

CD買取専門業者には各ジャンル専門の査定担当が在籍しているので、CDの価値を正しく見極めてくれるので、高額なCDも見落としません。
また、CD買取専門業者ではいくつか買取方法があり、自分の都合に合わせて買取方法が選べる魅力もあります。

例えば、CD買取専門業者が近くにある場合や売るCDの枚数がそこまで多くない場合は持ち込み買取、遠方に住んでいたり売りたいCDが大量にある場合は宅配買取、といったように自分にあった方法で買取を依頼できます。

他にも、思い立った際にすぐ依頼できる点や処分に費用がほとんど発生しないことがメリットとして挙げられます。

対して、デメリットですがCD買取専門業者に依頼する場合、ほとんどデメリットがありません。
そのため、CDを処分したいのであれば、CD買取専門業者に売却して処分する方法が最もおすすめです。

ただし、買取が難しいCDもある

ジャンルの得意不得意がない限りCD買取専門業者ではあらゆるジャンルのCDを買取っていますが、中には買取ができないCDも存在しています。

まず挙げられるのが、傷がたくさん付いているCDです。
そもそもCDは音楽を聴くためのものなので、傷がついていて再生できない場合は価値がゼロとなってしまうため買取ることができません。

なお、再生に影響が無い範囲内の傷であれば、買取価格が下がってしまうものの、買取不可となることはないです。

次にケースがないCDが挙げられます。
中古CDの場合は新品の時と同じように付属品が揃っていることが重要なので、ケースを捨ててしまったりなくしてしまっていたりすると買取が難しくなる場合があります。

ただし、セタガヤCD買取センターではケースがなくても買取が可能な場合もあるので、ぜひご相談ください。

また、汚れや匂いが付いているCDも買取できないCDの1つです。煙草のヤニが染み付いていたりカビが生えてしまっていたりすると、CDの価値が大きく損なわれてしまいます。
ただ、ただ拭けば取れるレベルの汚れであれば買取ができなくなることはありません。

他にも、8cmCDや自主制作CDといった需要がないCDや中古相場が低すぎるCDも買取できないCDとして挙げられます。

ただし、8cmCDの中には希少価値が高く高額で買取が可能なCDもあるので、自宅に8cmCDがある場合はCD買取専門業者に査定してもらうとよいです。

買取専門店で利用できる3つのCD買取方法

CD買取専門業者は、「買取」に特化しているので、自分の都合に合わせて買取方法を選択することが可能です。

持ち込み買取

持ち込み買取とは、CD買取専門業者の店頭にCDを持ち込んで買取してもらう方法です。
店頭に持っていけばすぐに査定して買取ってもらえるので、CDを処分するまでに時間がかからない上、金額に納得できれば即日で現金を受け取ることができます。

ただし、CDが大量にある場合は店頭に持っていくのに車が必要ですし、近くに店舗がないと利用しにくいデメリットがあります。

そのため、CD買取専門業者の近くにお住まいの方や車を持っている方におすすめの方法です。また、すぐに現金化できるので、CDを処分したお金をすぐに受け取りたい方にもおすすめです。

セタガヤCD買取センターの店頭買取 買取の手順はラクラク!3ステップ 1.お電話orメ...

出張買取

出張買取とは、お客様の自宅までスタッフが伺って、その場で査定する買取方法です。

わざわざCDを店頭に持っていったり箱詰めしたりする必要がなく、あまり手間がかかりません。
また、査定後買取ってもらった場合、その場で現金を受け取ることができるメリットもあります。

デメリットは身分証明書に記載されている住所にしか出張買取はできないため、トランクルームや自宅以外の保管場所では買取できないことが挙げられます。

そのため、出張買取は自宅で大量のCDを保管していた方に特におすすめです。

他にもCD買取専門業者の店舗から離れた場所に住んでいて容易に店頭に持ち込めないという方にもぴったりです。

セタガヤCD買取センターの出張買取 買取の手順はラクラク!3ステップ 1.お電話orメ...

宅配買取

宅配買取とは、ダンボールにCDと買取承諾書をつめてCD買取専門業者に送って買取してもらう方法です。

お客様は書類に必要な内容を記入してもらいCDを箱に詰めて送るだけなので、かなり手軽に買取りを終わらせることができます。
また、業者によってはCDを送る送料を業者が負担してくれたり、梱包キットを用意してくれたりするので、ストレスなく買取りを進めることができるケースも多いです。

ただ、宅配買取の場合はCDを送って査定をして買取が決まるまで時間がかかるため、すぐに現金を受け取れないことがデメリットとしてあります。
また、CDの量が多いと箱に詰めるのに時間がかかってしまったり、買取りをキャンセルした場合は業者によって返送料が発生してしまうこともデメリットでしょう。

宅配買取の場合は出張買取と異なり、自宅以外の場所でCDを保管していた場合でも利用できます。そのため、トランクルームや事務所等でCDを保管している方に特におすすめです。

セタガヤCD買取センターの宅配買取 買取の手順はラクラク!6ステップ 1.お電話orメ...

CDをゴミとして廃棄処分する際の4つの注意点

CDをゴミとして廃棄処分する際にはいくつか気をつけなければならないことがあります。
ゴミとして捨てる場合は情報漏洩がないよう、以下の点に注意しましょう。

CDをカットする

まず、CDを真ん中からハサミでカットしましょう。
手で割ることも可能ですが、手を切ってしまう危険性もありますので、ハサミを使う方がよいです。

CDを割ることで中の情報が読み込めなくなるので、たったこれだけのひと手間で個人情報漏洩が防止できます。

CDの記録面に切り込みを入れる

カッターもしくはハサミでCDの記録面(キラキラしているほう)に切れ込みを入れましょう。切れ込みを入れる際は一か所ではなく、複数箇所にできるだけ深く細かく傷をいれるのがポイントです。

CDの記録面にガムテープを貼り付けて剥がす

カッターでデータが記録されているCDの記録面(キラキラしているほう)に細かく傷を入れたあと、傷を入れた面にガムテープをべったりと張り付けて剥がすと、データが記録されている部分をまるごと剥がすことができます。

CDの記録面はデータを管理する部分なので剥がしておけば完全にデータを読み込めなくなります。

CDをシュレッダーで粉砕する

CDに入った情報漏洩を予防する方法として最も安全とされているのが「CDをシュレッダーで粉砕する」方法です。

シュレッダーだとCDを粉砕できるので、データが漏れる心配がありませんし、スピーディーに処理できるため、大量のCDを処分・リサイクルしたい方におすすめです。

最近は、CDを粉砕できるシュレッダーのプライスも安価になってきており、Amazonで7000円前後で簡単に見つけることができます。
興味がある方はぜひ参考にしてみて下さい。

押し入れに眠っているかもしれない高額CD買取リスト20選

ここまで、いろいろなCDの処分の方法をご紹介しました。

「押し入れにしまってあるCD、そろそろ処分しなきゃ・・・」
「ダンボールに入ったままだし、そのまま捨ててしまおうかな・・・」
とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、自宅で保管しているCDの中には買取に出すと高額で売れる高額CDが眠っている可能性もあります。

ここでは高い買取価格がつくCDを、セタガヤCD買取センターの買取実績から20タイトルご紹介します。

西城秀樹 ゴールデン・イヤリング(旧規格・帯付き)品番:R32H1077

参考買取価格 ¥8000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


吉田拓郎 IN THE BOX 限定盤 付属完品

参考買取価格 ¥13,000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


松田聖子 / パイナップル(35DH 3/金レーベル/箱帯)

参考買取価格 ¥12,000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


【未開封】サザンオールスターズ すいか SOUTHERN ALL STARS SPECIAL 61 SONGS 品番:VDR10001_4

参考買取価格 10,000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


矢沢永吉 ザ・ロック_1980年6月2日 日本武道館ライヴ 品番:WPCL196~7

参考買取価格 ¥3,000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


中島みゆき 臨月(旧規格・3500円盤)品番D35A0006

参考買取価格 ¥7,000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


五輪真弓 COLLECTION_FOR LOVERS ONLY(CD8枚組BOX・中身未開封品)品番:8FZ8Z1795

参考買取価格 ¥5,500

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


テレサ・テン ベスト・セレクション(旧規格・解説付き・5000円盤)品番:H50P-20205~6

参考買取価格 ¥38,000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


テレサ・テン / 償環・中国語版(32TX-1016)

参考買取価格 ¥23,000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


RCサクセション / EPLP-2(84年初版/3500円帯)

参考買取価格 ¥10,000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


浜田省吾 / ONE AND ONLY(XDDH-93084)

参考買取価格 ¥8,000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


岩崎良美 / Debut 30th Anniversary BOX(TECS-25280/7CD+3DVD)

参考買取価格 ¥10,000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


井上陽水 NO SELECTION(16枚組BOX SET)品番:FLC3-84122

参考買取価格 ¥6,000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


ビートルズ / アビイ・ロード(CP35-3016/CBS SONY刻印/回収盤)

参考買取価格 ¥23,000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


マドンナ トゥルー・ブルー 86年初版 3200円帯 32XD-449 旧規格 紙帯 CSR刻印

参考買取価格 ¥19,000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


マイケル・ジャクソン / スリラー(35・8P-11/金レーベル/刻印有/箱帯)

参考買取価格 ¥35,000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


アバ ヴーレ・ヴー CDP-106 ディスコメイト 折込帯CD

参考買取価格 ¥12,000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


イーグルス / ホテル・カルフォルニア(43P2-0007/88年初版/ゴールドCD)

参考買取価格 ¥6,000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


ビリー・ジョエル / ニューヨーク52番街(35DP-1/箱帯/金レーベル)

参考買取価格 ¥12,000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。


TOTO / ハイドラ(35DP-42/箱帯/金レーベル)

参考買取価格 12,000

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。

いかがでしょうか?まとめてCDを処分する前に、一度こんなタイトルがあるか探してみると思わぬ高額CDが見つかるかも知れませんね。

その他の高額CD買取リストはこちら>

CDを売却処分するなら“CD買取専門業者”がオススメ

CDを売ろうと考えているのであればCD買取専門業者を利用するのが最もおすすめです。
CD買取専門業者には様々なメリットがあります。

最大のメリットは適正な金額で買取ってもらえること

CD買取専門業者を利用して売却処分する一番のメリットとして、各ジャンル専門の査定担当による査定が挙げられます。

中古CDの適正価格を見極め、査定するということが出来るのは少し勉強したくらいでそうそう出来ることではありません。
すべてのCDをやみくもに高い値段で買い取っていればお店は潰れてしまいますし、逆に安い値段で買い取っていればお客様からの信用を失います。

買取が可能なギリギリの最高価格をお客様にご提示できる、これが、CD買取専門業者で最大の特徴です。

売却処分する側からすると、とにかく高い値段になってほしいというのが何よりだとは思いますが、適正な金額を判断出来る査定担当がいる店かどうかを見極め売却処分を依頼する、というのが一番得をするCDの売却処分方法なのは間違いないでしょう。

思い立ってすぐに処分できる

処分をするまで時間がかからない点も、CD買取専門業者に依頼するメリットといえます。

CDをごみとして廃棄処分する場合はごみの回収日を確認して特定の曜日に出さなくてはなりませんし、自治体によってはディスクとケースを分別しないといけません。
そのため、ゴミとして処分する場合は処分までに時間がかかってしまいがちです。

しかし、CD買取専門業者ではかなり早くスムーズにCDが処分できます。
店頭に持ち込めばその日に処分できますし、宅配で送る場合も箱詰めさえ完了すればすぐにお店に発送できます。

出張買取も場合によっては即日で家まで買取にきてくれることもあります。

処分する際にかかる手間や時間を考慮すると、CD買取専門業者に売却処分することが一番効率的といえるでしょう。

処分費用が一切かからない

CDを処分するにあたって手間と同時に気になるのが、処分費用だと思います。

不用品回収業者を利用するとかなり高額な費用がかかってしまいますし、自治体によってはゴミとして捨てるだけでも費用が発生する場合があります。

CD買取専門業者であれば手数料や出張料、査定料などがかからないことがほとんどです。
もちろん、セタガヤCD買取センターでも完全無料で査定を承っているので、お客様に費用を用意して頂く必要は一切ございません。

家で不要になったCDを無料で回収してもらって、さらに買取でお金も貰えるのを考えると、ごみとして廃棄処分してしまうより断然お得です。

自分で買い手を見つける必要がない

フリマアプリやネットオークションなどを利用して自らCDを1枚ずつ売却処分した場合、買い手が付くまでに時間がかかったり、望んだ通りの値段で買ってもらえなかったりすることがほとんどだと思います。

CD買取専門業者に依頼すれば、わざわざ自分で買い手を見つける手間が発生しないので、かなり楽にCDを処分できます。

CDの大量処分もおまかせ

CD1枚は大した重さではありませんが、処分するCDの数が数百枚、数千枚となってくると移動させるだけでも一苦労なので処分どころではありません。

実際、音楽業界の関係者やコレクターが引っ越しのタイミングで断捨離を決心した結果、何千枚もあるCDを処分しなければならなくなり、あまりの手間に途方に暮れてしまうのはよくある話です。

大量にCDがある場合もCD買取専門業者を利用してCDを処分をすれば心配ありません。
出張買取を依頼すれば家まで取りに来てくれ、梱包から運び出しまで全ておまかせできます。

重い荷物を運ぶことや箱詰めをする手間がなく、簡単に処分することが可能です。

CDを少しでも高く売って処分するための4つのポイント

せっかくCDを売って処分するならできるだけ高い値段で売りたいと考えている方も多くいらっしゃるかと思います。
CDを高く売るには次の4つのポイントがあるので、CDを売る予定がある方はチェックしてみるとよいです。

CDの状態や付属品を確認する

まずチェックすべきなのがCDの状態や付属品の有無です。
中古CDはほとんどの物が何十年も前に作られた品物で、状態が新品状態とはほど遠く、スレや汚れがある物がほとんどなので、新品と同等でなくても高く買取ってもらえる可能性があります。

ただ、例外としてCDの盤面に傷がついていると音質に影響するため、高く買取ってもらうことができなくなります。
逆にいえば、CDの盤面がピカピカに綺麗であれば、中古状態としてはかなりよいといえます。

また、音楽のジャンルにもよりますが、国内盤のCDであれば帯が付属されているはずですし、CDによってはDVDやポスターなどの特典がついている場合もあります。
中古CDはできるだけ新品と同じ状態であることが重要なので、付属品が揃っていると買取価格が高くなる場合があります。

売りたいCDがある場合は、CDの状態と付属品が残っているかをチェックしてみるとよいでしょう。

汚れを落とす

カビやヤニによる汚れなどは自力で落とすことができませんが、簡単に取れる程度のホコリであれば落としておくのがよいです。

汚れを落とし、少しでも綺麗にしてCDの状態をよくしておくことで買取価格が高くなる可能性があります。

まとめて売る

CDには単体で販売されているものだけでなく、例えばクラシックのCDなど、いくつかのCDがセットになったタイプのものがあります。

複数のCDがセットになっている場合、個別に1枚ずつ売るとセットで売った時よりも買取価格が下がってしまう恐れがあります。

できるだけセットになっているCDはまとめて売るようにしましょう。

買取実績・買取相場をチェックする

CD買取専門業者のホームページに掲載されている買取実績をチェックすれば、自分が売却処分しようとしているCDの買取相場がどれくらいになるのか、ある程度把握が出来ると思います。

ただし、掲載されているCDと同じタイトルで見た目が同じだからといって同じ買取価格になるわけではありません。

型番や付属品の仕様などが違うと、同じタイトルでも全く違う商品として扱われるのが中古CDの世界ですので注意が必要です。

まずは、お持ちのCDの型番などを確認して、掲載されてる価格と共に仕様なども一致しているかよく確認してみましょう。

CDを売りたいなと考えている場合、そのCDがちゃんと買取ってもらえるものなのか、買取ってもらえるのであればどのくらいの値段がつくのか気になっ...

CDを売却処分するならセタガヤCD買取センターへ

CDを処分するのであればCD買取専門業者に依頼するのがおすすめですが、CD買取専門業者にも種類が多くあり迷ってしまうこともあるかと思います。
そんな時はぜひセタガヤCD買取センターにご相談ください。

CDの価値を決める要素は、状態や付属品の有無、タイトルや作品に参加しているアーティストなど様々です。
また、中古CDの価値は常に上下しており、値段をつけるにあたっては最新の相場というものを見ることが必要不可欠です。

セタガヤCD買取センターは30年の実績を誇る経験豊富なCD買取専門業者ですので、中古CDの知識もしっかりありますし、市場にも精通しております。

また、音楽CDといっても様々なジャンルがあり、CD買取専門業者の中には特定のジャンルを得意としている業者もありますが、セタガヤCD買取センターではその全てのジャンルにそれぞれ専門の査定担当が在籍しているため、最新のトレンドや歴史なども踏まえた上で、相場を参照しその時の最高価格をお客様に提示することが出来ます。

オールジャンルでの買取に対応しているため、どんなCDでも査定が可能です。

CDを処分しようと考えている方はまず一本お電話をください。
長年の実績と多岐にわたる買取方法で、どんなお客様でもお力になれることが必ずあるはずです。ご自宅に眠るCD、どう処分すればいいか分からないCD、処分しようと考えたその時が”処分しどき”です。

皆さまからのご連絡、スタッフ一同心よりお待ちしております。