CDを処分したい!3つの方法とそれぞれのメリット・デメリットを解説

ご自宅や実家の部屋の片付けをしていて、急に古いCDが出てきて処分に困ったなんて経験、皆さんありませんか?
CDをどのように処分していいか分からず燃えるごみなのか、燃えないごみなのか、はたまた資源ごみなのかわからずに困ってしまったなんて話をお客様からよく聞きます。
また一言でCDと言っても、その種類はさまざま。商品として市販されている音楽を収録したCDから、CD-Rなどの記録媒体として仕事関係のデータや家族や友人との思い出を記録するために使用したものまであります。特にプライベートなデータを記録したCD-Rは個人情報の漏洩も心配ですし、処分やリサイクルをする方法には慎重になりますよね。

1. CDを処分するための3つの方法

まずはじめに、処分したいCDに関して以下の3つを確認してみましょう。
・処分したいCDの枚数。
・処分したいCDは商品として市販されていた音楽CDか。
・処分したいCDが記録用のCD-Rの場合、データを書き込み済みか、未使用の新品か。

 記録用のCD-Rで使用済みの場合、基本的にはゴミとして処分もしくはリサイクルするほかありませんが、市販の音楽CDや、未使用のCD-Rの場合、そのまま捨ててしまうのは少々もったいないかもしれません。廃棄処分してしまえば0円のゴミですが、CDの中には1枚で何万円にもなるお宝が入っていることもあります。廃棄処分やリサイクルではなく売却処分することで、収入を得ることができるので、ぜひ売却処分も検討してみましょう。

CDを処分する方法は、大きく分けて以下の3つの方法があります。

①自治体のルールに沿って廃棄処分する
②不用品回収業者を利用して廃棄処分する
③ごみとして廃棄処分せずに売却する

CD、ひとつの大きさは小さいですが、処分したいCDの枚数が多い場合、最適な方法を選ばなければ、処分がかなり負担に感じられることもあります。

当コラムでは、実家の整理や引っ越し、遺品の整理、終活などの断捨離で、これらのCDを処分する必要がある時にどのように処分するのが一番良いのか、迷わず確実に処分するための方法をそれぞれのメリット・デメリットとともにご紹介します。

それでは、それぞれの処分方法について詳しく解説していきましょう!

2. 処分方法①自治体のごみの回収処分でCDを廃棄処分する

お住まいの地域でCDが「可燃ごみ」と「不燃ごみ」のどちらに該当するのか確認

自治体のごみの回収処分で廃棄する場合、地域によってごみの処理方法が異なりますので、まずはお住まいの地域でCDが「可燃ごみ」と「不燃ごみ」のどちらに該当するのか確認が必要です。確認をするには、各自治体のホームページを参照するとよいでしょう。

以下では、いくつかの市を参考にまとめてみました。可燃ごみに分別される地域が多い傾向にありますが、地域によって様々ですよね!ご自分で判断するのはやめて、まず一度調べてみましょう。

・東京都世田谷区:可燃ごみ
・東京都町田市:不燃ごみ
・横浜市:燃やすごみ
仙台市:家庭ごみ
・名古屋市:可燃ごみ
・大阪市:普通ごみ
・福岡市:燃えるごみ

お住まいの地域でCDのディスクとケースの分別は異なるかを確認

いざCDを処分するとなると、ディスクとケースの分別方法も気になりますよね。ケースはプラスチック製(紙製もありますが)ですが、ほとんどの自治体ではディスクもケースも同類のゴミとして処分することができるようです。 しかしながら、ごく稀に自治体によってはディスクとケースを別々に分別してリサイクルしないといけない地域もあるようですので、こちらもご自分で判断するのはやめて、まず一度調べてみたほうがよさそうです。

自治体のごみの回収処分でCDを廃棄処分する、メリット・デメリット

メリット

・お住まいの地域の自治体にもよりますが、処分費用が安い(もしくは無料)。

デメリット

・手間がかかる。
・情報漏洩のリスクがある。


CDを廃棄処分する際の注意点

市販されている音楽CDなどは廃棄処分やリサイクルをした際に、他人の手に渡っても特に問題はありませんが、CD-Rなどの写真や動画などの他人に知られたくない個人情報が記録されているCDの場合には、そのままゴミとして廃棄処分やリサイクルをすると中に記録されている情報が他人に漏洩してしまう危険性があります。大切なデータの流出を防ぐために、適切な処分方法を知っておくとよいでしょう。

そこで以下では、CDを廃棄処分する際に必ずおこなってほしい、個人情報の漏洩を防ぐための方法をご紹介します!

①CDをカットする。

CDを真ん中からハサミでカットしましょう。手で割ることも可能ですが、手を切ってしまう危険性もありますので、ハサミを使う方が無難でしょう。
たったこれだけのひと手間で個人情報漏洩の防止策になります。

②CDの記録面に切れ込みを入れる。

カッターもしくはハサミでCDの記録面(キラキラしているほう)に切れ込みを入れましょう。切れ込みを入れる際はは一か所ではなく、複数箇所にできるだけ深く細かく傷をいれるのがポイントです!

③CDの記録面にガムテープを貼り付けて剥がす。

先ほどカッターでデータが記録されているCDの記録面(キラキラしているほう)に細かく傷を入れる方法をご紹介しましたが、この傷を入れた面にガムテープをべったりと張り付けて剥がしてみてください。データが記録されている部分をまるごと剥がすことができます。
CDの記録面を全て剥がす必要はありませんが、CDの内側はデータを管理する重要な役割を担っているので、剥がしておくと安心です!

④CDをシュレッダーで粉砕する。

CDに入った情報漏洩を予防する方法として最も安全と言われているのがこの「CDをシュレッダーで粉砕する」方法です。シュレッダーだとCDを粉砕できるので、データが漏れる心配がありません。また、スピーディーに処理できるため、大量のCDを処分やリサイクルしたい方に最もオススメな方法です。 最近は、シュレッダーのプライスも安価になってきており、Amazonで7000円前後で簡単に見つけることができます。興味がある方はぜひ参考にしてみて下さい。

3. 処分方法②不用品回収業者を利用した処分


処分したいCDが少量であれば、ごみに出せば簡単に処分できますが、段ボール数箱分の量を自分で処分するとなると手間がかかりますよね。そのような時は「不用品回収業者」を利用してCDを処分する方法があります。不用品回収業者を利用する際、一番気になるのが費用だと思いますが、これは業者によってさまざまのようです。

処分したいCDの枚数ごとではなく、箱ごとに料金を設定している業者やCDを産業廃棄物として処分した後に、プラスチック材料としてリサイクルしている業者などでは、業者までCDを送る送料のみ負担すれば、リサイクル費用は無料で処分を行ってくれる業者なども、なかにはあるようです。

複数の不用品回収会社に見積もりを出してもらい、一番安い費用でCDを処分してくれる業者を選びましょう。


不用品回収業者を利用した処分方法の、メリット・デメリット

メリット

・手間がかからない。
・一度に大量のCDを処分できる。

デメリット

・処分費用が高い。

4. 処分方法③ごみとして処分せずに売却する


ここまで、当コラムではCDを廃棄処分する方法を解説してきましたが、もっとも皆さんにオススメしたい処分方法はわざわざ分別して、ごみとしてCDを廃棄処分やリサイクルするのではなく、売却処分することです!ごみとして出せば労力と手間がかかる上に、費用がかかるなんてこともあります。それが、手間もかからず、さらにお金に変わって返ってくるとなれば、廃棄処分するより売却した方がいいのは間違いないことですよね!

一口にCDといっても、皆さんがお持ちのCDの中には、さまざまな種類があり、歌手やタイトル、プレスされた国や年数、バージョン違いなど多種多様なパターンがあります。
その一つ一つには全く違う価値が付いており、数十円程度の安い物もあれば、数万円、数十万円と値段が付いてくるCDだって少なくありません。

もし、そんな価値のあるCDを何も知らずに、ごみで出してしまったら…と考えるとぞっとしますよね。お持ちのCDのなかに希少価値が高く、高値が付くCDが含まれているかは、専門家が見てみないことにはなんとも言えません。

ただ、間違いなく言えることは、CDを廃棄処分してしまうのはもったいないということです!


CDを売却処分する3つの方法

CDを売却処分する場合には、まず処分するCDの枚数と音楽のジャンルをある程度、確認しておく必要があります。それにより、CDの売却処分方法を決めることが出来るからです。

例えば、処分するCDの量が少なければ、一枚一枚売却することも可能ですが、量が多ければその手間を取ることが難しいかもしれません。ここで重要なのは、手間と見返りがちゃんと釣り合っているかどうかということです。

ただ単にCDを売却しようと頑張ってみても、二束三文のお金にしかならないようでしたら、まとめて売却処分をして手間を省くのがいいかもしれません。

売却処分する方法としては

①フリマアプリ、ネットオークション等を利用して売却処分する。
②リサイクルショップに売却して処分する。
③CD買取専門店に売却して処分する。

という3つの方法が選択肢に挙げられます。

ここからは3つの買取方法それぞれの特徴を解説していきます!

①フリマアプリやネットオークションで売却して処分する

普段生活をしていて、なにか物を売却したいと考えた時に真っ先に頭に浮かぶのはフリマアプリやネットオークションなどではないでしょうか?
アプリを使って売りたい物の写真を撮影してアップロード、買い手が見つかれば発送、相手に品物が届けば売上が入金される。 という流れが一般的かと思います。

ここで懸念すべき点は2点あります。

まず1つめは発送作業が非常に面倒だという点です。

CDはケースがプラスチック製のものが多いのも影響して、適当に梱包すると破損する可能性が高い品物です。専用の段ボールや緩衝材などを使用して梱包すれば、輸送中の破損リスクなどもかなり低いのですが、ほとんどの方はお持ちではないでしょう。専用の梱包資材を手配するのも大変ですし、万が一適当に梱包して発送してCDが破損してしまった場合は即クレームになる可能性もはらんでいます。

そして2つめは、CDの価値を売る側がきちんと理解して説明出来るかという点です。CDの価値を決める要素として、プレスの時期や帯などの付属品の違い、製造国などによって価値が全く変わってきます。これらをちゃんと分かる形で掲示して説明しないことには、買い手も価格が適正なのか判断できません。出品の際に、ただジャケットの写真を撮るだけではなく、CD盤やジャケットの一部分をしっかり写真に収めたり、ディティールの違いをコメントを添えて正確に伝える必要があります。このような作業は、知識がある人でないとなかなか難しいというのが実情としてあります。

フリマアプリやネットオークションを利用して売却処分する、メリット・デメリット

メリット

・自分で売値を決めれる。

デメリット

・手間がかかる。
・販売するのに音楽の知識が必要。
・買い手がみつかるまで時間がかかる。


②リサイクルショップに売却して処分する

近所のリサイクルショップに持っていくということも売却処分の方法のひとつとして考えられるでしょう。服やおもちゃなど家にある不用品を売るときは、リサイクルショップへ出向いて売却処分するという方も多くいらっしゃると思います。
全国チェーンのお店なども多く、家の近くに大型リサイクルショップがあるという方も少なくないのではないでしょうか。

リサイクルショップではCDの買取を行っているお店がほとんどで、お店にCDを持ち込めば売却処分が可能ですので、人によっては一番身近な売却処分の方法かもしれません。
しかしながら、ここでも懸念点として挙げられるのが、知識のある人間に査定をしてもらえるかという点です。

先ほどご説明したように、CDの価値を決める要素としては様々なポイントがあり、どこか一つでも見落とすと価値を大きく見誤る可能性があります。一般的なリサイクルショップでは、ブランド物や時計、家電製品などに詳しいスタッフが在籍していることはあるようですが、CDに関していえば一般的なマニュアルが出回っていないため、どうしても知識が浅くなってしまうのが実情としてあるようです。

せっかくCDを売却処分しようと店頭に持ち込んでも、正しい価格で買取してもらえないとなると、処分するのが勿体無いというようなことになりかねません。


リサイクルショップに売却して処分する、メリット・デメリット

メリット

・近所にある場合が多く気軽に売却できる。

デメリット

・買取金額が安い。
・CD買取専門のスタッフがいない。

 

③CD買取専門店に売却して処分する

CDの知識をしっかり持った店に査定してもらった上で処分したい。そう考えて処分方法を探している方はCD買取専門店に辿り着くのではないでしょうか。

リサイクルショップとは違い、CD買取専門店では販売チャネルを特定の店舗のみに限定しないため、世界各地のその時々での最高値に合わせて買取が可能というシステムになっています。セタガヤCD買取センターでも、もちろんそのようなシステムになっており、専門の査定担当による買取査定がしっかりと行われています。

CDを処分したい、もう持っていられないから捨ててしまいたい、という多くの方からお問い合わせを頂きますが、そのような皆さんにはぜひCD買取専門店での売却処分をオススメさせていただきたいです!


CD買取専門店に売却して処分する、メリット・デメリット

メリット

・自分の都合に合わせて買取方法を選べる。
・各ジャンル専門の査定担当が買取するので買取価格が適正。
・思い立ってからすぐに処分できる。
・処分費用が無料。

デメリット

・特になし

5. CDを売却処分するなら“CD買取専門店”がオススメ!


CD買取専門店は、「買取」に特化しているので、自分の都合に合わせて買取方法を選択することが可能です。

例えば、出張買取。

自宅までCDを取りに来てもらって、何もせずその場でCDが現金にかわるとなると、家でCDを分別してごみとして廃棄処分しようとしていたことが、いかに勿体無いかということが分かるかと思います。

※セタガヤCD買取センターの出張買取について詳しくはコチラ▶


または、郵送・宅配買取。

無料で専用の梱包キットが自宅に送られてくるのでCDを詰めて送るだけの方法です。

処分したいCDの量が多すぎて自分で運べない…という声をよく聞きますが、佐川急便などでは自宅まで集荷に来てくれるサービスがあり、玄関で荷物を渡すだけで発送出来るので重い荷物を自分で運ぶ必要はありません。

セタガヤCD買取センターでは規定枚数以上なら、全国どこでも送料無料で売却処分することが出来ます!

※セタガヤCD買取センターの郵送・宅配買取について詳しくはコチラ▶


または、店頭買取。

直接、お店までCDを持ちこんで査定をしてもらう方法もあります。

車や電車でCDを運ぶことは少々大変ですが、自分のCDがなぜその価格になったのか、査定担当から直接説明してもらうことが出来たり、その場で即現金化出来るという利点があります。

また出張買取や郵送買取と違い、自分の予定に合わせて売却処分できるという点も大きなメリットといえるでしょう。

※セタガヤCD買取センターの店頭買取について詳しくはコチラ▶

 

最大のメリットは適正な金額で買取ってもらえること

CD買取専門店を利用して売却処分する一番のメリットとして、各ジャンル専門の査定担当による査定が挙げられます。

中古CDを査定する上で必要な知識、経験、実績に関してはセタガヤCD買取センターでも最も重要だと考えています。中古CDの適正価格を見極め、査定するということが出来るのは少し勉強したくらいでそうそう出来ることではありません。すべてのCDをやみくもに高い値段で買い取っていればお店は潰れてしまいますし、逆に安い値段で買い取っていればお客様からの信用を失います。買取が可能なギリギリの最高価格をお客様にご提示できる、これが、CD買取専門店である最大の特徴なんだと思います。

売却処分する側からすると、とにかく高い値段になってほしいというのが何よりだとは思いますが、適正な金額を判断出来る査定担当がいる店かどうかを見極め売却処分を依頼する、というのが一番得をするCDの売却処分方法なのは、間違いないでしょう。

思い立ってすぐに処分できる

ふりかえって考えてみると、CDをごみとして廃棄処分したい!と思い立った時にまず、ごみの回収日を確認して、特定の曜日に分別した物を出す必要がありました。また、お住まいの地域の自治体によっては、ディスクとケースを分別しないといけないという手間も考えると、CDを処分すると思い立って目の前からなくなるまで、結構な時間を要することになります。

CD買取専門店で売却処分するメリットのひとつとして、時間がかからないという点もあります。
急な引越しなどで、とにかくすぐにCDを目の前から処分しないといけない、でもお金にはしたい、そう考えたときには買取に特化したCD買取専門店で処分を検討するのがベストと言えるでしょう。宅配で送る場合は箱詰めさえ完了すれば、すぐにお店に発送して大丈夫だったり、場合によっては即日家まで買取に来てくれる可能性だってあります。

処分する際にかかる手間や時間という点で考えたときも、CD買取専門店に売却処分することが一番、効率的と言えるでしょう。

処分費用が一切かからない

CDを処分するにあたって手間と同時に気になるのが、処分費用だと思います。

CD買取専門店で売却処分すると手数料や出張料、査定料などがかかりません。
もちろん、セタガヤCD買取センターでも完全無料で査定を承っているので、お客様に費用を用意して頂く必要は一切ございません。

家で不要になったCDを無料で回収してもらって、さらに買取でお金も貰えるなんて、ごみとして廃棄処分してしまうより断然お得ですよね!

自分で買い手を見つける必要がない

もしフリマアプリやネットオークションなどを利用して自らCDを一枚ずつ売却処分したいと考えた場合、買い手が付くまでに時間がかかったり、望んだ通りの値段で買ってもらえなかったりすることが、ほとんどだと思います。

アプリでは、売り手は買い手を選べず、出品したCDを本当に欲しがっている人にちゃんと販売できるのかというと、そうではありません。その点、CD買取専門店で売却処分すれば、そこから先に繋がるのは”一番欲しがっている人”であると言えます。

CD買取のプロはもちろんCD販売のプロでもありますので、世界で一番その1枚を欲しがっている人へ向けて販売することができるため、それに見合った適正な買取価格での買取が可能となります。

とにかく、自分で買い手を見つける必要がないということは非常に楽なのでオススメです!

CDの大量処分もおまかせ!

CD1枚は大した重さではありませんが、まとまると意外と重い荷物となります。処分するCDの数が数百枚、数千枚となってくると処分するのにも一苦労です。

例えば、音楽業界の関係者、もしくはコレクターの方が引っ越しのタイミングで断捨離を決心した結果、何千枚もあるCDを処分しなければならなくなり、あまりの手間に途方に暮れてしまう、というのはよくある話です。しかしながら、 そんなときもCD買取専門店を利用してCDを処分をすれば心配ありません。どんなに処分するCDの枚数が多くても、出張買取を依頼すれば家まで取りに来てくれ、梱包から運び出しまで全ておまかせできます!重い荷物を運ぶことや箱詰めをする手間がなく、簡単に処分することが可能です。

CDを少しでも高く売って処分するためのポイント

よくあるお問い合わせの中には、処分するCDが自分のものではなくご家族の物で、遺品整理のため処分したいというものがあります。タイミング的にきっと入用でしょうし、出ていくお金が多くあるかと思います。
そんな時にCDを処分するために、余分なお金を使ってしまったり、余計な手間がかかったり、そもそも二束三文でしか売れなかったり…となるときっと心身ともにショックが大きいでしょう。

CDは売れます。なかには希少価値が高く非常に高額になるCDも存在します。
もちろんCD買取専門店を利用した場合の話ですが…。 そのポイントさえ忘れなければ、いざCDを処分しようとなったときにも、余計な費用や手間をかけることなく、しっかりとお金にかえることが出来るでしょう。
下記のポイントはいつか身を助ける知識であるとも言えますので、ぜひ参考にして下さい!

CDの状態や付属品を確認する

CDといっても様々な種類があり、それぞれ価値が違うと言われてもきっとご自身の物でなければ、そのCDがどんなジャンルの物かさえわからない、ということもあるかと思います。

ただ知識がなくとも、確認できるポイントがあります。それは、CDの状態と付属品の有無です。 中古CDはほとんどの物が何十年も前に作られた品物なので、状態が新品状態とはほど遠く、スレや汚れがある物がほとんどです。CDの状態が新品同然であるに越したことはありません(当然、査定額に影響します)が、ただその中でも重要なのは、CDの盤面に傷がついているかいないかという点です!CDの盤面がピカピカに綺麗であれば、中古状態としてエクセレントと言えるでしょう。逆にCDの盤面が傷だらけの場合は買取が難しいかもしれません。

また、音楽のジャンルにもよりますが、国内盤であれば帯が付属されているはずです。CDの状態、付属品が残っているか。この2点は査定の際に買取金額に大きく影響してきますので、CD買取専門店に連絡するときには、この2点を確認した上で問い合わせるといいでしょう。

オールジャンルでCDを買取できるのはセタガヤCD買取センター

音楽CDといっても様々なジャンルがあり、例えば世の中に存在する音楽CDの中で分類した時に、日本国内で流通枚数が多いのが「JPOP」「洋楽ロック」「クラシック」「ジャズ」などです。
それぞれのCDの価値を決める要素は、状態や付属品の有無、タイトルや作品に参加しているアーティストなど様々です。また中古CDの価値は常に上下しており、値段をつけるにあたっては最新の相場というものを見ることが必要不可欠です。
セタガヤCD買取センターではその全てのジャンルにそれぞれ専門の査定担当が在籍しているため、最新のトレンドや歴史なども踏まえた上で、相場を参照しその時の最高価格をお客様に提示することが出来ます。
各ジャンルの専門のCDショップなどもありますが、買取に関して言えばオールジャンルで買い取れる店が確実に良いと言えるでしょう。

買取実績・買取相場をチェックする

CD買取専門店のホームページに掲載されている買取実績をチェックすれば、自分が売却処分しようとしているCDの買取相場がどれくらいになるのか、ある程度把握が出来ると思います。ただし、掲載されているCDと同じタイトルで見た目が同じだからと言って同じ買取価格になるわけではありません。

型番や付属品の仕様などが違うと、同じタイトルでも全く違う商品として扱われるのが中古CDの世界ですので注意が必要です。まずは、お持ちのCDの型番などを確認して、掲載されてる価格と共に仕様なども一致しているかよく確認してみましょう。

※CDの買取相場についてさらに詳しくはこちら▶

6. 安心して確実にCDを売却処分するならセタガヤCD買取センターに相談!

世の中にはリサイクルショップからCD買取専門店まで様々な種類のお店がCD買取を行っています。

CDを処分したい、手間はかけたくない、重いものは持てない、どうすればいいか分からない、などCDの処分に関して少しでも疑問に思ったらまずはセタガヤCD買取センターにご相談ください。

セタガヤCD買取センターでは丁寧な査定、丁寧な接客をモットーに、中古CD愛に溢れたスタッフ達が日々業務を行っております。

CDの買取対象ジャンルはオールジャンルなんでも大丈夫です。クラシック、JAZZ、ロック・ポップス、邦楽、ソウル、サントラやインディーズ盤まで、なんでもご相談ください。他店で査定を断られたり、無料同然のような値段を付けられてしまったCDでも当店では、お客様にご満足いただけるような査定価格を提示することが可能な場合がございます。

CDをごみとして廃棄処分してしまう前に、まずは一本お電話ください。 長年の実績と多岐にわたる買取方法で、どんなお客様でもお力になれることが必ずあるはずです。勿体無かったと後になって後悔してからでは遅いのです。
ご自宅に眠るCD、どう処分すればいいか分からないCD、処分しようと考えたその時が”処分しどき”です。

皆さまからのご連絡、スタッフ一同心よりお待ちしております。