CD買取リスト

横内章次 / グリーン・スリーヴス(TBM CD5011/西独盤)

横内章次 / グリーン・スリーヴス(TBM CD5011/西独盤)

参考買取価格 ¥4,000

ジャンル:,

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。

査定担当コメント

お世話になっております。セタガヤCD買取センターです。

さて、50年代より日本のジャズを愛し、シーンを注視してきたスリー・ブラインド・マイス社長の藤井武は、日本屈指のジャズギタリストである横内章次の真の実力が世に広く知られていない状況を憂い、横内にリーダー作品の録音を持ちかけます。こうして生まれた2枚が1976年の「ブロンド・オン・ザ・ロックス」と、1978年作「グリーン・スリーヴス」です。

横内章次は満州・大連に生まれ戦後に日本屈指のジャズギタリストとして活動しました。その腕を買われ1960年代には、スタジオミュージシャン/アレンジャー/プロデューサーとしても大活躍。その傍ら多数のムードギター作品をリリースし、60年代後半には既に日本歌謡界で確固たる地位を築いています。
70年代に入ってメジャーでの仕事と並行し、スリー・ブラインド・マイスで自らが育てた中本マリを始め細川綾子山本剛の作品にバッキングや編曲で参加。満を持してのリーダー・アルバムが’76年の「ブロンド・オン・ザ・ロックス」でした。こちらは小西徹とのツインギターにピアノレスのカルテットというストイックな内容でしたが、本日ご紹介の1978年作「グリーン・スリーヴス」では田代ユリをオルガンに迎え、エレキだけでなくガットギターなどもプレイするバラエティに富んだ内容となっています。

・アーティスト/横内章次 Yokouchi Shoji
・タイトル/グリーン・スリーヴス Greensleeves
・レーベル/ Three Blind Mice
・型番/TBM CD 5011 

・備考/ 西独盤 West Germany盤

■参考買取価格/ 4000円

80年代後半から90年代にかけてリリースされていた「グリーン・スリーヴス」の西ドイツプレス盤CDです。TBMは1987年からドイツのオーディオファイル系レーベルART(AUDIO TRADE)社と業務提携し、共同制作で過去の名盤のCD化を開始します。「グリーン・スリーヴス」はこの西ドイツプレスがCDのオリジナル盤です。このドイツ盤各タイトルは解説付きで日本国内でも流通し、ネット中古市場ではそれなりに見かけるものの、本作はその中でもレアな部類です。その音質への評価は高く、2016年に高音質フォーマットのBlu-SPEC CD盤 (型番THCD-392)、2021年に廉価盤再発(CMRS-0108)がリリースされた現在でも西ドイツ盤がプレミアムを維持し不動の人気となっています。

最後に余談ですが、横内章次はこのスリー・ブラインド・マイスでの2枚の中間である1977年に、あのシティポップ名盤、佐藤奈々子「Sweet Swingin’」の全編曲を担当。メロウなボサノヴァやノスタルジックなスイングジャズを基調とする素晴らしいアレンジを提供していますので、未聴であればぜひそちらも併せてお聴きになって、その驚くべき才能の大きさ多彩さをご確認下さい。

横内章次関連の各種CDをはじめ、大切なコレクションをご処分の際は
ぜひセタガヤCD買取センターにお声掛けくださいませ。

掲載日: 2022年10月13日

買取のお問い合わせは
下記ボタンからお気軽にどうぞ