CD買取のプロとして、セタガヤCD買取センターが多数メディアで紹介されました

めまぐるしく変化する時代と共に、中古CDを取り巻く状況もここ数年で急激に変わりつつあります。そんななか、中古CD買取大手の「ゲオ」が全店舗でのCD買取を終了することもあり、「CDの価値はもうないのか?」、「CDの時代は終わったのか?」など​、さらに市場が騒がしくなってきています。

こうした状況を受け、CD業界歴20年以上のセタガヤCD買取センターの査定担当の佐藤が扶桑社が提供するWebメディアのbiz SPA!フレッシュ様よりCD買取の専門家として取材いただき、「現状の中古CDの買取事情」についての解説から、「今後の展望予想」までお話させていただきました。​同記事はYahoo!ニュース、楽天インフォシークなど、多数メディアへも転載され、大きな反響をいただいております。

セタガヤCD買取センター佐藤

セタガヤCD買取センターの佐藤がCD査定のプロとして多数メディアに掲載

取材内容は、前後編で2つの記事として掲載され、現在のCD買取市場の状況から高価買取になりやすいCDの傾向や見分け方まで、CD買取のプロならではの視点で廃盤CDについて解説させていただいています。
記事の内容は以下からご覧いただけます。

■Yahooニュース記事

 レンタルや中古CD買い取り大手の「ゲオ」が、全店舗でCDの買い取りを終了したという。このニュースを聞いて「えっ、CDってそんなに価値のないものになってるの?」と思った人も多いだろう。だが、本当にC
 CD・DVDレンタル大手の「ゲオ」が中古CDの買い取りを終了。このニュースを嘆く人が多かった。しかしCDの価値としては、初期プレスのものや高音質盤などある一定の傾向のCDは高値のものがあるというの

■biz SPA!フレッシュ記事

 レンタルや中古CD買い取り大手の「ゲオ」が、全店舗でCDの買い取りを終了したという。このニュースを聞いて「えっ、CDってそんなに価値のないものになってるの?」と思った人も多いだろう。だが、本当にCDの時代は終わってしまったんだろうか?  
 CD・DVDレンタル大手の「ゲオ」が中古CDの買い取りを終了。このニュースを嘆く人が多かった。しかしCDの価値としては、初期プレスのものや高音質盤などある一定の傾向のCDは高値のものがあるというのは、前編の記事で紹介した。  アナログレコ

記事内でも登場した廃盤CDに関する専門用語について、さらに詳しく以下コラム内で解説しています。こちらも合わせてぜひご覧ください。

みなさま、こんにちは。 セタガヤCD買取センター、査定担当です。 CD買取を依頼する前にまずは知っておきたいCD専門用語を解説するこ...
みなさま、こんにちは。 セタガヤCD買取センター、査定担当です。 CD買取を依頼する前にまずは知っておきたいCD専門用語を解説するこ...
みなさま、こんにちは。 セタガヤCD買取センター、査定担当です。 CD買取を依頼する前にまずは知っておきたいCD専門用語を解説するこ...
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。セタガヤCD買取センター、査定担当です。 さて、本日もCDを売却するうえで知っておきたい廃盤CDに...

サブスクが主流となり、大手リサイクルチェーンが買取を終了するなどの報道も影響して、最近では過去の音楽メディアとして扱われがちなCDですが、まだまだ高額買取になるタイトルは数多く存在します。セタガヤCD買取センターでは、今回取材に登場した佐藤を筆頭に、クラシック、ジャズ、ハードロックなど専門性に特化したCD買取のプロ達が在籍しています。
​経験豊富な知識と実績による高額査定は、現役のコレクターの方々はもちろん、あまり音楽に馴染みのないお客様まで、幅広い支持をいただいております。

CDの買取対象はオールジャンルで対応しています。クラシック、ジャズ、洋楽ロック・ポップス、ハードロック、JPOPやインディーズ盤まで、CD買取のご希望やご処分にお困りなど、お気軽にご相談ください。

皆さまからのご連絡、スタッフ一同心よりお待ちしております。