8センチCDは買取ってもらえる?売れるタイトルと高額査定にする秘訣をご紹介

直径わずか8cmと小型で縦長のパッケージが特徴的な8センチCDは、現在CDショップの店頭に並ぶことも少ない媒体です。
音楽配信サービスの普及に伴い自宅に保管していたCDを買取業者に売る人も増えていますが、8センチCDは売れるのか疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。
本記事では8センチCDにまつわる買取事情と、少しでも高く売るためのポイントについて解説します。
実際に高額で取引されているタイトルについてもご紹介するので、ぜひご自宅にある8センチCDと比べてみてください。
また、より安心して高くCDを売るために重要な買取業者選びのポイントについてもご紹介しています。
ご自宅のCDを手放すか迷っている方もぜひ本記事をお役立てください。

「8センチCD」とはどんなCD?

8センチCDとは、その名の通り直径が8cmのCDで1988年の発売開始以降1990年代末まで一般的に使用されていた媒体です。
CDが収納されているケースは横が約8.5cm、縦約16.5cmと縦長だったため、ジャケットのデザインも縦長に合わせて作成されていた点が特徴です。
現在は12cmのCDが一般的なため、8センチCDを見かける機会は非常に少なくなっています。
12cmCDのジャケットは正方形に近いため、8センチCDのジャケットと比べるとかなり印象が違うといえるでしょう。
12cmCDでは約75分間の音声を記録できるのに対し、8センチCDに収録できる音源の長さは20分から25分くらいと3分の1程度です。
収録されている一般的な楽曲数も12cmCDでは12曲前後であるのに対し、8センチCDの場合は4曲程度となっています。
その分一般的な価格も低めに抑えられており、12cmCDの相場が3000円前後であるのに対して8センチCDの場合は、千円前後が主流で安いものでは500円程度で販売されることもありました。

8センチCDは買取してもらえるのか

現在店頭でほとんど見かけなくなってしまった8センチCDは売ることができるのかと疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。
実際のところ、8センチCDを買い取っている業者は存在します。
8センチCDの中にはプレミア価格がついているものもあり、ものによっては12センチCDよりも高値で取引されるケースも珍しくありません。
しかしながら、需要が高くないものや相場価格が低いものは査定に出しても値段がつかない可能性もあるため、全ての8センチCDが売れるとは言い切れない点にはご注意ください。

買取業者に売ることができる8センチCDの特徴

8センチCDを買取査定に出しても、場合によっては買取不可となってしまう可能性があります。
ここでは買い取ってもらうことのできる8cmの特徴を解説します。
なお、ここで紹介するのは一般的な基準ではありますが、業者や店舗によって判断は異なります。
また、お客様ご自身は買取ってもらえないと判断したものであっても、買取のプロが高く評価するケースも考えられます。
そのため、買取ってもらえるかどうかわからない場合などは、一度査定に出してみることをおすすめします。

希少性が高く需要のある8センチCDは買い取ってもらえる

当たり前ではありますが、希少性の高い8センチCDは高値で売れます。
流通数が少ないものや、12cmCDなど他の媒体で音源化されていない楽曲を収録したものは、その希少価値の高さから高値で取引されます。
希少価値が高ければ多少状態が悪い品物でも買取対象となる可能性が高いため、ぜひ一度査定に出してみることをおすすめします。
また、8センチCDはその特徴的な縦長のパッケージならではのジャケットデザインも多くあります。
楽曲を聞くためというよりはジャケットのデザイン性を求めてコレクション用に8センチCDを購入する人も一定数います。
8センチCDならではのジャケットが人気の品物は、たとえ流通量がある程度あるとしても需要の高さから比較的高めの査定が出る可能性も考えられます。

状態の良い8センチCD

ジャケットやCD本体、歌詞カードなどの状態がよい場合も買取業者に売れる可能性が高いです。
やはり中古市場においてできる限り新品に近い状態のものほど商品価値が高まります。
特に8センチCDの生産が主流であった1990年ごろから30年程度経った今日、良い状態で保存されている8センチCDは少なくなっています。
だからこそ、状態がよい品物であればその希少性は増しているといえるでしょう。
特に音源を聴くためではなく観賞用に品物を購入するコレクターやファンが多いアーティストのものほど、状態のよい8センチCDの需要は高いといえます。

付属品が揃っている8センチCD

8センチCD本体とセットで販売されていた付属品が揃っている場合も、買取業者に売ることができる可能性が高いです。
歌詞カードはもちろんのこと、発売当時の帯や同封されていたカード、セットになっていたポスターやポストカード等の付属品は品物の商品価値を大きく高めます。
特に初回限定の帯は特典グッズはアーティストのファンの間で高い需要があるケースが多く、通常よりも高値で取引される可能性が高いです。
もちろん付属品の状態によっても値段が左右しますが、できる限り発売時と同じ状態で売りに出すことが重要です。

高額で買取られている8センチCDのタイトル

実際に高値で取引されている8センチCDにはどのようなものがあるのか、具体的なタイトルの一部と商品価値が高い理由についてご紹介します。

・久石譲 / ゾイド2 ゼネバスの逆襲 音楽集 8センチCD
作曲家である久石譲さんのこちらの8センチCDは非売品であるため、流通量が非常に限られており非常に高値で買取されているタイトルです。
こちらのように非売品のタイトルは全体的に流通量が少ない傾向があり、また他の媒体には収録されていない楽曲が含まれている可能性も高いため、高価買取となる可能性が高いです。

・少年隊 / 仮面舞踏会・日本よいとこ摩訶不思議 8cm CD
(ワーナーミュージック / WPDL-4206 / JAN:4988014942065)
男性アイドルグループである少年隊のこちらの8センチCDは、カップリング曲として収録されている「日本よいとこ摩訶不思議」が他の媒体では未収録の楽曲です。
そのためファンの間で高い需要を誇っており、買取金額も高額にな傾向があります。

・HYDE /SHALLOW SLEEP 8cm CD【初回限定版】
現在も高い人気を誇るアーティストの1人であるHYDEさんのこちらの8センチCDは、初回限定特典としてケースが特殊仕様となっており、ファンからの需要が高いです。
12cmCD版も発売されていますが、この8センチCDならではのデザインと初回限定デザインは希少価値が高く、高額査定となる傾向があります。

・杏里/夏の月
杏里さんのこちらの8センチCDは現在は廃盤となっており、入手困難なタイトルです。
廃盤になり、なおかつ12cmCD版として発売されていないタイトルの場合、その希少価値の高さから買取価格が高くなる場合が多いです。

8センチCDをできるだけ高く売るポイント

せっかく買取に出すのであればできるだけ高値で売りたいものですよね。
実は査定に出す前のほんのひと手間で買取価格がアップするケースも少なくありません。
ここでは、8センチCDをできるだけ高く売るためのポイントを解説します。

綺麗な状態にしておく

ディスクやケースの汚れを取り除き、綺麗な状態にしておくことで買取金額がアップするケースは少なくありません。
水で濡らしたハギレなどで優しく汚れを拭き取ったり、表面の埃を払った上で査定に出してみましょう。
ほんのひと手間ではありますが商品の価値をぐっと高めることができます。

付属品を揃えておく

ご紹介した通り、付属品を揃えることで商品価値をぐっと高めることができます。
初回限定などでセットになっていたポストカードやポスターを別の場所で保管している方も少なくありません。
査定に出す前に一度家の中を探してみるのもおすすめです。
また、中にはセットになっていた付属品の状態が悪いからと査定に持ち込まない方もいらっしゃいます。
しかしながら、もう手に入らないグッズは多少状態が悪くても欲しいというファンはいます。
付属品が何か1つでもかけている場合と全て揃っている場合では査定金額が大きく変わる場合も少なくないので、ひとまず8センチCDと一緒に付属品も査定に出しましょう。

8センチCDを売る業者の選び方

8センチCDをできるだけ高く売るためには、売る業者選びも重要です。
ここでは業者を選ぶ際のチェックポイントを理由とともに解説します。

8センチCDを買取しているかどうかチェックする

冒頭でお伝えした通り、業者によっては8センチCDを買い取っていない場合もあります。
買取査定に出す前に事前に8センチCDを買い取っているかどうかをチェックしておきましょう。
基本的にほとんどの買取業者はホームページで買取対象となるジャンルを後悔しています。
ざっくりとCDとだけ記載されている場合は12cmCDだけを指している可能性もあるので、事前に問い合わせておくとよいでしょう。

CDについての知識が豊富な業者を選ぶ

買取価格の査定には専門的な知識や鑑定経験が不可欠です。
市場の需要について精通している業者ほど適正価格で買い取ってくれるので、より高く売るためにはCDについての知識が豊富な業者を選びましょう。
例えばCDやレコードなど音楽系の買取に特化している業者と、本や家電などあらゆるジャンルを取り扱っている業者とでは鑑定士の知識や経験が全く違います。
事前にホームページを確認する際には、その業者がどんなジャンルを得意としているのかにも注目しましょう。

実店舗がある業者を選ぶ

買取業者の中には実店舗を持たずオンラインでのみ取引をおこなっているところも多いです。
もちろん、実店舗がない業者を選ぶことが問題なわけではありませんが、より安心感を求めるのであれば実店舗がある業者を選ぶことをおすすめします。
実店舗を持っているということは、何か問い合わせをしたい場合やトラブルがあった場合に直接店舗に行って担当者と話す選択肢があるということです。
きちんと店舗を構えて商売を実施していること自体も安心感や信頼感につながるので、業者選びの重要な基準となるといえるでしょう。

宅配買取や出張買取を実施している業者を選ぶ

買取方法の選択肢として宅配買取や出張買取を実施している業者を選ぶのもおすすめです。
宅配買取は段ボールに売りたい品物を詰めて発送する買取方法で、自宅から重たい品物を運ばずに好きなタイミングで査定に出せる点が魅力です。
また、出張買取は買取業者のスタッフに自宅まで来てもらい、その場で査定と買取金額の受け渡しをおこなう方法です。
品物を運ばなくてよい点に加えて、梱包の手間もないため査定点数が多い方などに人気です。
買取方法が複数ある業者を選ぶことで、査定に出したい品物の数や拘束時間などお客様の都合に合わせられるのでおすすめです。

8センチCDを売るならセタガヤCD買取センター

8センチCDを売る業者にお悩みの方は、ぜひセタガヤCD買取センターにご相談ください。
セタガヤCD買取センターはCDに特化した買取サービスであり、8センチCDの買取にも自信があります。

CD買取総合満足度3年連続ナンバーワン

セタガヤCD買取センターはCD買取総合満足度3年連続ナンバーワンをいただいております。
音楽ソフト買取業者は数多くあるなかで、セタガヤCD買取センターはCDを専門とする国内最大の買取サービスです。
年間約1万名以上のお客様にご利用いただいており、月間10万枚以上を取り扱っています。
高額査定ができる理由は国内外において販売ルートが充実している点にあります。
きちんとした販売ルートがあるからこそ、市場の需要を価格に反映しお客様からも評価をいただいております。

知識・経験豊富なプロによる納得の査定

CDを専門とする国内最大の買取サービスであるセタガヤCD買取センターでは、知識と経験豊富なプロが一つ一つのお品物を正確に鑑定しています。
クラシックやジャズ、ハードロックのような高い専門性が鑑定に求められるジャンルについては、そのジャンルに特化した査定士が詳しく査定している点も特徴です。
希少価値の高い盤から定番の人気作までプロの目で適正価格にて査定しているため、お客様からも納得のお声をいただいております。

お客様負担ゼロの宅配買取&出張買取

セタガヤCD買取センターでは店頭での買取に加えて宅配買取と出張買取の全部で3つの買取方法をお選びいただけます。

ご都合に合わせてお好きな買取方法をお選びいただけます! セタガヤCD買取センターではお客様のご都合や状況に合わせ...

宅配買取でお申込みいただいたお客様には事前に専用の段ボール箱を含む梱包キットをお届けするので、お客様ご自身で梱包資材をご用意いただく必要はございません。
また、送料も弊社負担ですので、お客様のご負担はゼロで査定を承っております。
出張買取では全国どこでも無料でプロの鑑定士が査定に伺います。
お客様のご都合がよいお日にちをご指定いただければ日本国内どこでも査定に伺い、お品物の梱包や運び出しも弊社スタッフがおこないます。
いずれの買取方法でもホームページから事前に申込みいただけますので、ご都合のよい方法でぜひセタガヤCD買取センターにご相談ください。