セタガヤCD買取センター

SETAGAYA CD CENTER

メニュー

クラシックCD 不滅のA級廃盤セレクション:ナタン・ミルシテインの芸術

ナタン・ミルシテインの芸術
演奏:ナタン・ミルシテイン(ヴァイオリン)

レーベル:キャピトル

東芝EMIが発売した「芸術」シリーズのなかでも一際人気が高く、中古相場でも高値を維持し続けている人気盤です。


1903年に現在のウクライナのオデッサに生まれ、裕福な家庭に育った。七歳の頃よりヴァイオリンを習いはじめ、有名なストリアルスキーに師事。同門下には同郷のダヴィッド・オイストラフも入門しました。


1925年にはソビエトを出国しパリに住まいながら西欧での活動を本格化していきます。29年のアメリカデビューの演奏会を成功裏に収め、以後この地で活躍。
日本公演は果たされぬまま、92年に88歳の天寿を全うしました。


20世紀の傑出したヴァイオリニストの一人として数えられるミルシテインの表現は、緻密にして繊細、気品漂う音色が超絶的ともいえる技工のなかで光を放つ。
その端正な容貌からヴァイオリンの貴公子とも呼ばれたが、名器ストラドで奏でられた名曲の数々からの印象もその呼称に影響を与えたことでしょう。