CD買取リスト

スコット・ロス / クープラン:オルガン・ミサ曲集(0608SAN85/仏盤)

スコット・ロス / クープラン:オルガン・ミサ曲集(0608SAN85/仏盤)

参考買取価格 ¥3,000

ジャンル:,

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。

査定担当コメント

お世話になっております。セタガヤCD買取センターです。

さてクラシックCDのハードコレクター諸氏が今年こそ、と願い続けはや10数年。これを書いている2023年現在にもいっこうに実現する気配がないマニア悲願中の悲願といえばフランス「Stil」レーベル音源の再発でしょう。
「STIL」はアラン・ヴィランという独自の強固な哲学を持ったひとりの男が1970年代に立ち上げたフランスのインディーレーベルです。LP時代からCD時代まで全ての作品を自身でプロデュース、「高音質」「高品質」「高価格」「少数生産」のポリシーを貫いたリリースを続け、一部の愛好家から絶賛を受けてきました。

最も再発が待望されているのは、こちらも天才かつ鬼才、チェンバロの哲学者スコット・ロスと真正面から渡り合った一連の録音。そしてバッハのコレクターが血眼になって探しているパトリック・ビスミュートの無伴奏Vnソナタ&パルティータ全曲集。ヴァイオリンファンにはジネット・ヌヴーのブラームスVn協奏曲の発掘盤でしょう。

一説によれば家族に不幸がありレーベル運営の意思を失ったとも言われるアラン氏。2010年辺りにはStilは完全に活動を停止し近況は聞こえてこず。Stilの再始動は絶望的と言われ、ならば他社からという話になるのですが、あのアラン氏が生半可なレーベルにホイホイ音源を売り渡すとも思えません。マニアの方々からは我が国のESOTERICレーベルに立ち上がって欲しいという声もよく見かけます。果たして今年こそ何らかの動きがあるのか、はたまた幻状態が続くのか。私もマニアの皆様と一緒に注視して参りたいと思います。

さて本日のご案内はそのスコット・ロスがStilに残したクープランオルガン曲集です。

・アーティスト/スコット・ロス Scott Ross
・タイトル/ クープラン:オルガン・ミサ曲集
・レーベル/仏 stil
・型番/0608 SAN 85

・備考/2CD 1998年

■参考買取価格/ 3,000円

スコット・ロス/ クープラン:オルガン・ミサ曲集の1998年発売、唯一のCDになります。
南仏サンレミードゥプロヴァンスの大学教会にて1985年8月に録音。85年といえばERATOレーベルからあのスカルラッティ555曲全集がリリースされた年で、晩年のスコットの驚異的なハードワークがここでも伺えます。
スコット・ロスのオルガン演奏は放送用音源は残っているものの、オフィシャルのスタジオ録音は本盤が唯一です。オリジナルのLPはサングラス姿のスコットのアップのジャケットがまるで前衛音楽家かニュー・ウェイヴ系コンポーザーの様でしたが、CDでは落ち着いた写真に差し替えられています。

スコット・ロスの諸作をはじめStilレーベルの全CDを高価買取させていただきますので、どうぞお気軽にご相談いただければと思います。

大切なコレクションをご処分の際はぜひセタガヤCD買取センターにお声掛けくださいませ。

掲載日: 2023年01月18日

買取のお問い合わせは
下記ボタンからお気軽にどうぞ