CD買取リスト

スコット・ロス / バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻&第2巻(KKCC-4238~41)

スコット・ロス / バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻&第2巻(KKCC-4238~41)

参考買取価格 ¥3,000

ジャンル:,

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。

査定担当コメント

お世話になっております。セタガヤCD買取センターです。

さて、音楽マニアの方であればジャンルを問わず放送用音源(映像も含む)に心ときめかせたことが一度はあるのではないでしょうか。かつて世界中のラジオ番組やテレビ番組のために様々なアーティストがスタジオで演奏し、放送された数々の音源。〇〇が動いている!というだけで貴重であったり、歴史的な瞬間や、結果的にキャリアのピークが記録されてしまったものであったり。これまで公式、非公式を問わず発掘されてきたそんな文化遺産の数々に、このネット時代はアクセスも容易になりました。ありがたいことです。クラシックの場合、そんな放送用音源に正規のスタジオ録音が残されていない楽曲があるのが醍醐味です。

その一例が本日ご案内のチェンバロ奏者スコット・ロスです。ご存知の様に天才と呼ばれながら病に倒れてしまった彼は、残念ながら取り組んでいたバッハの全集録音を完結できず、空白を残したまま世を去りました。
しかしロスは、その死の9年前である1980年にカナダのラジオ局で、正規スタジオレコーディングの存在しないバッハの平均律クラヴィーア全曲を放送用に録音していたのです。その音源は1998年にCD化。素晴らしい演奏と文句無しの高音質で高く評価されて今日に至っています。この音源がリリースからやがて入手困難になり、稀少盤として中古市場の高嶺の花と化した後、再発となった一連の流れをざっと振り返ってみましょう。

・アーティスト:スコット・ロス Scott Ross
・タイトル:バッハ 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 & 第2巻
・レーベル:日本キング(カナダ Disques Pelleas直輸入盤)
・型番:第1巻 KKCC-4238/9 第2巻 KKCC-4240/1

・備考/カナダ Disques Pelleas盤に帯と日本語解説書付き。買取価格は第1巻と第2巻セットの場合です。

■参考買取価格/3,000円

スコット・ロスの「バッハ/平均律クラヴィーア曲集」を収録した各種CDについてご説明をさせていただきます。

1980年モントリオールのラジオ局で放送用に録音されたこの演奏を、1998年にカナダ Disques Pelleasレーベルが第1巻(CD2枚組 型番:CD-0101/2)
第2巻(CD2枚組 型番:CD-0103/4)
の2タイトルでリリースします。

本日ご案内のCDは、これに帯と日本語解説書を付け日本のKINGレコードが発売した、いわゆる直輸入盤です。
同一デザインでそれぞれ赤青の単色印刷ジャケットが「マイナーレーベルの幻盤」感があって、じつに味わい深いですね。

2002年には同じカナダ Disques Pelleasレーベルから、厚いプラケースに第1巻と第2巻の計4CDをひとつにまとめた新装盤がリリースされています(型番:Pelleas CD-0101/4)。

やがてこれも入手難になると、上記全ての中古価格が高騰。ロスの平均律は、これも貴重なStilレーベル盤の数々と並び、長らくレアCDの定番となります。

しかし近年、そんな状況に終止符が打たれます。2019年、WARNER ERATO社がスコット・ロスの没後30年にあたってリリースしたCD11枚組ボックス「SCOTT ROSS / BACH KEYBORD WORKS」(型番:9029545842)に、平均律クラヴィーア曲集が丸々収録されたのです。率直に言ってしまうと、これにより現在、相場はだいぶ下がりました

しかしこのボックス、平均律1巻2巻の全曲をCD3枚に収録しており、CD4枚と比べその収まりの悪さを嫌う方、あるいはやはりオリジナルCDが欲しいというコレクターの方などがいまだ旧盤を探されているようです。

買い取りはカナダ原盤、日本直輸入盤のどちらでも問題ございません。2枚セットが理想ですが、もちろんバラでも買い取りさせていただきます。もちろん2002年の4CD盤や、ERATOのボックスも含め全てを買い取りさせていただきますのでお気軽にご相談いただければと思います。このように1度の再発で稀少盤の相場も大きく動くことが多々あります。

大切なコレクションをご処分の際はぜひセタガヤCD買取センターにお声掛けくださいませ。

掲載日: 2023年01月31日

買取のお問い合わせは
下記ボタンからお気軽にどうぞ