CD買取リスト

モントゥー / ラヴェル:管弦楽作品集(UCGP-7037/SACDハイブリッド)

モントゥー / ラヴェル:管弦楽作品集(UCGP-7037/SACDハイブリッド)

参考買取価格 ¥2,000

ジャンル:,

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。

査定担当コメント

お世話になっております。セタガヤCD買取センターです。

20世紀クラシック音楽を代表する指揮者ピエール・モントゥー。その膨大な録音の数々からどの時期をベストとするかは大きく意見が別れるところかと思います。

モントゥーは1875年4月4日パリ生まれ。1964年に89歳で没する直前まで指揮者として生涯現役を貫きました。 若き日にはあの歴史的事件であるストラヴィンスキー「春の祭典」をはじめ「ペトルーシュカ」や、ドビュッシー「遊戯」など数々の20世紀バレエ名作の初演を指揮しています。

残された録音は自国フランス音楽から、こよなく愛したドイツ音楽、自身が歴史の一部となったロシア音楽など、そのレパートリーは多岐にわたります。モノラル時代にも注目すべきものが多くありますが、やはりまず語られるのはボストン響とシカゴ響とのRCA LIVING STEREO録音の数々でしょう。ウィーン・フィルとのDECCA録音も人気です。そして本日ご案内するのは、これも非常に人気の高いロンドン響との一連の録音からラヴェル管弦楽集。巨匠の最晩年であり、特に5曲中3曲はその死の僅か5ヶ月前の録音です。

・アーティスト/モントゥー/ロンドン交響楽団
・タイトル/ラヴェル:管弦楽作品集
・レーベル/日本ユニバーサル・ミュージック・クラシック
・型番/UCGP-7037
・備考/ 帯付 SACD Hybrid盤 2004年
■参考買取価格/ 2000円

2004年の日本独自企画「Super Audio CD アナログ名盤50」シリーズで発売された、モントゥーのラヴェル管弦楽作品集です。SACD Hybrid盤ですので通常のプレイヤーでも再生可能。ハノーヴァーのテープ倉庫にあるオリジナルマスターを使用。エミール・ベルリナー・スタジオのスタッフによる入念なマスタリングが行われています。

モントゥーのSACDといえばこの他にタワーレコード限定の「ブラームス交響曲第2番(型番:PROC-2137)」や、RCA時代の名盤「フランク 交響曲ニ短調(型番:BVCC-37445)」などが存在しますが、いずれも現在は廃盤となっており、絶賛買い取り受付中です。

大切なコレクションをご処分の際はぜひセタガヤCD買取センターにお声掛けくださいませ。

掲載日: 2022年12月15日

買取のお問い合わせは
下記ボタンからお気軽にどうぞ