CD買取リスト

ジョコンダ・デ・ヴィートの芸術(TOCE-6391~99/国内初期)

ジョコンダ・デ・ヴィートの芸術(TOCE-6391~99/国内初期)

参考買取価格 ¥15,000

ジャンル:,

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。
※盤質、状態良好、帯、他付属品完品の場合の参考買取価格となります。

査定担当コメント

お世話になります。セタガヤCD買取センターです。

暑さで溶けてしまいそうな日が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて以前にもご紹介したことがありますが、女性ヴァイオリニストものというのは、クラシック音楽の中でも熱狂的な需要があり、プレミアムな品物も多い重要カテゴリのひとつです。本日ご紹介する作品はその中でも特に人気と希少性が高い一品です。

本日ご紹介するCDはコチラです!

・アーティスト/ジョコンダ・デ・ヴィート
・タイトル/ジョコンダ・デ・ヴィートの芸術
・レーベル/東芝EMI
・型番/TOCE-6391~99
・備考/国内初期/帯付/9CD BOX

 ■参考買取価格/¥15,000

いかがでしょうか。女性ヴァイオリニストのなかでも屈指の名ヴァイオリニストとして今でも人気の高いひとりですので、お好きな方も多いのではないでしょうか。

ジョコンダ・デ・ヴィート(Gioconda de Vito、1907年7月26日 – 1994年10月14日)はイタリアのマルティーナ・フランカ出身。7歳から地回り楽団のマスターについてヴァイオリンを学び、数年後には近くペーザロのロッシーニ音楽院でレミー・プリンチペに師事して、2年間であらゆる賞を総なめしました。1921年に16歳でチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を弾いてプロデビュー。その後は余り演奏会には出演せず、後進の指導に集中していましたが、1942年に35歳でブラームスのヴァイオリン協奏曲でローマでデビュー。一躍イタリアヴァイオリン界の女王として楽壇の寵児となり、1944年37歳にしてサンタ・チェチーリア国立アカデミアのヴァイオリン科終身教授に任命されました。

このボックスは1949年〜1959年の10年間にデ・ヴィートが残した録音をまとめたもので、SP音源から復刻したものや名高いブラームスのVn協奏曲などを含むCD9枚組です。ご案内の参考価格は1991年に発売された初盤になります。

本作には1999年の再発盤(型番:TOCE-9316~24)も存在し、初盤と比べますと買取金額は少々下がってしまいますが、再発盤も現在は廃盤となっており状態によっては高価買取可能ですので、まずはお気軽ご相談下さいませ。

CD買取をご検討でしたら、どんな廃盤CDも見落とさないセタガヤCD買取センターでよろしくお願いいたします。

掲載日: 2022年08月2日

買取のお問い合わせは
下記ボタンからお気軽にどうぞ